THE LAST ROCKSTARS

THE LAST ROCKSTARSで世界を目指すYOSHIKI,HYDE,SUGIZO,MIYAVIが有明アリーナでデビューライブ初日!

THE LAST ROCKSTARSで世界を目指すYOSHIKI,HYDE,SUGIZO,MIYAVIが有明アリーナでデビューライブ初日!

X JAPANのYOSHIKI、L’Arc-en-Ciel・VAMPSのHYDE、LUNA SEA・X JAPANのSUGIZO、MIYAVIの4人で昨年11月に結成した新バンド『THE LAST ROCKSTARS』が2023年1月26日、有明アリーナで初ライブを開催しました。

新型コロナウイルスガイドラインの改定に伴い、マスク着用での一定の声出しがOKに。さらにこの日はライブ全編を通してスマートフォンによる撮影も許可されていました。

 

ホールに入るとスクリーンには「THE LAST ROCK STARS Live Debut 2023 Tokyo-New York-Los Angeles」の文字が映し出されています。

ライブは定刻より約45分遅れで開演(リハーサルのため)

オープニング

客席の電気が落とされると文字が写っていたスクリーンにサイボーグのような女性が映し出されます。

「Tokyo,Are You Ready?」と口を開くと、「ON Guitar~」とMIYAVIをスタートに、SUGIZO、HYDE、YOSHIKIを紹介。

暗くなったステージに、SEと共に神々しい4人のシルエットが浮かびあがります。

横一列に並んでいた4人は、楽器やマイクの元へと移動。

ドラムの上に登ったYOSHIKIは黒いドラムスティックを横長にして持つと、肩を伸ばすなどして準備体操。色鮮やかなレーザーが派手に飛びます。

Bigidin Bigidin Ban Ban Banと中毒性のあるフレーズが興奮を掻き立てます。

HYDEが「東京!」と声をあげると、ブルーとオレンジの炎が吹き上がった。

初ライブの1曲目「THE LAST ROCKSTARS」

昨年末にリリースしたファーストシングル「THE LAST ROCKSTARS」は、 YOSHIKIが「踊れるロックミュージックに」と思いを込めた曲に合わせて、フロアが揺れて行く。

Bigidin Bigidin Ban Ban Ban〉と中毒性のあるフレーズのリフレイン

ファンの声援を身体で受けたHYDEは「この声をどれだけ待ちわびたことか。最高なんじゃない東京」と客席に呼びかけ。「歌ってタオル回せるか」とあおります。

 

HYDEのソロ曲「6or9」

自身のソロ曲「6or9」を歌い上げて行く。曲中にはHYDEの「スリー、トゥー、ワン」の声に合わせて、ファンがその場でくるりとターン。会場と一体になっていた。

 

MIYAVIがコーラスを務めた新曲「Messiah」

MIYAVIがコーラスを務めた新曲「Messiah」を披露。

 

「Here’s The Love」

HYDEは「まだまだ新曲続きますよ」と「Here’s The Love」を演奏。素肌の上にジャケットを羽織ったHYDEは、お立ち台の上で寝転がると、なまめかしい動きで視線をくぎ付けに。

胸に入れたスネークのタトゥーがHYDEの身体を這うように動いていた。

MCではマイクを持ったYOSHIKIが「みんな元気。すごいよね。ここまで来たね」と感慨。

満員の客席に向かい「みんな始まると思ってなかったでしょう」と苦笑いすると、

「素晴らしい仲間と演奏することができて感謝しています」と一礼した。

 

「Beneath the skin」

YOSHIKI「すごいね、やっとここまで来れた。一瞬一瞬が奇跡の連続なんだよね」今の状況を嚙みしめるように呟く、「気合い入れていくか!」と自らを鼓舞してピアノの前へ。静かに奏で始めたのは、悲哀と美しさの両方を合わせ持つ「Beneath The Skin」

S.K.I.N.やX JAPANが演奏してきた「Beneath the skin」を演奏。

ピアノからドラムへと演奏する手を変え、苦悩や怒り、切なさなどを表現していった。  意外な選曲に圧倒された会場。

 

MIYAVIとSUGIZOのギターソロ

責める手を緩めず、ひとりでスポットライトを浴びたMIYAVIが下手でギターをうならせ始めた。「踊りたい奴は踊ってくれ!」。叫ぶMIYAVIのエネルギーに突き動かされたファンが、思い思いに身体を音楽に預けて行く。上手にはSUGIZO。お互いに歩み寄ると、中央でギターバトルが始まった。超絶技巧をぶつけ合うふたりに観客は歓喜した。互いの名を呼び、称え合う。

 

SUGIZOの魅惑的なバイオリン演奏&HYDEの「♪ハレルヤ」

SUGIZOはギターをバイオリンに変え、ひとり演奏を始めた。漆黒のバイオリンから奏でられる美しい旋律。本を開くように、次々と新しい物語へと誘っていく。チェストに腰かけたSUGIZOが奏でたバイオリンに、目深にハットをかぶったHYDEが歌声を合わせて行く。深海のような映像が映し出されたスクリーン。一枚の絵のような幻想的な空間が広がって行った。  弓を弾く手を止めたSUGIZOが、HYDEのハット上部にキスをすると、魔法が溶けたようにまた別の世界へ。抒情的なアコースティックギターを奏で始めたMIYAVIは、時おりギターのボディも叩きながら独自のリズムを刻んでいく。HYDEの「♪ハレルヤ」の歌声に、SUGIZOも声を出し天を仰いでいた。

YOSHIKIドラムソロ

 

YOSHIKIのピアノソロ

 

XJAPANの「BORN TO BE FREE」

 

 

L’Arc-en-Cielの「HONEY」

 

MIYAVIのソロ曲「Bang!」

 

アンコール

 

HYDEの「GLAMOROUS SKY」

 

ラストの曲「THE LAST ROCK STARS」

 

 

約2時間20分に及ぶライブを終えたYOSHIKIは、涙声で「やり遂げたね」と3人を見つめると、互いの腕を回し合い抱擁。拍手を送るファンに「いろんな歴史を俺たちは背負って来たけど、これからもそう。これは第一章の始まり。みんなどうもありがとう」と感謝した。

 

THE LAST ROCKSTARS 2023.2.10 LA公演セットリストTHE LAST ROCKSTARS 2023.2.10 LA公演セットリスト 『THE LAST ROCKSTARS』のLA...

 

ABOUT ME
anemone
X XJAPANを好きになって30年以上♪ YOSHIKI HIDE PATA HEATH SUGIZO Toshl TAIJI 7人のメンバーと同じ時代に生まれて出会えて同じ空間にいられたことに感謝します。